親に似てしまう

私は現在40歳で両親と別に暮らしています。
独身です。パートナーはいます。
私の父親は私が20歳の時、会社が倒産しました。
当時父親が50歳の時です。
その後、自分で仕事を始めました。
リフォームセンターという名の、何でも屋です。
引っ越しの手伝いや庭の手入れを、近所にチラシを配って集客するといった内容です。
こんなアナログなやり方、と当時は思いましたが、近所には年配の方が沢山住んでいて、意外にもチラシだけでも仕事の依頼が多数あったそうです。
ところがこの時、私は父の本性を知りました。
自営というのは自分でやればやるほど稼げるけれども、やらなければ稼ぎはでてこない。
父は雨がふったらお休み、今日は体調がすぐれないからとお休み、無理はしては続かないからとお休み。
とにかく家で寝るだけ、といったぐうたらな生活が何年も続いたそうです。
生活費は母がパートで働いた収入、時には金融機関に借りていたそうです。
それでも両親はお金がなくても幸せ、とにかくお金を作るよりどう節約するかを考えて暮らしています。
こんなふうにはなりたくない、と思うようになりました。
だからと言って、自分が沢山稼いでいるかと言えばそうではありません。
頭の中では少しでも資産を増やさないと、と考えているだけでとくに行動に移さず、結局父結局親と同じなのか。でも行動できていない自分。
そんな私とは反対で、私のパートナーは商売がうまく、自分で仕事を始めかなり稼いでいます。
両親は民宿を経営したり、総菜を売ったり、歌の教室を開いたりで、お金を作る事がとても上手です。
「ああ、これも親の血なのか」と思ったりもしていました。
今の自分を親のせいにしてしまう私。こんな私になんと転機がおとずれました。
ある日、私のパートナーが「大金持ちになれる人」
著者   ハーブ・エッガー
訳 解説 本田 健
という本を買ってきて、私も読んでみました。
内容はお金持ちになる人の考え方と、そうでない人の考え方などが書かれていて、メンタルに響く内容。
まるで私の心を見透かされているような気持ちになりました。
とにかく今の現実を受け止めること。
過去の考え方を捨てること。
新たな考え方をインプットしていくこと。
そして投資の勉強を始め、投資をスタートしてみました。
今後投資にもっとお金を使えるように収入を少しでも増やしていく計画をしています。
自分は変わろうと今動き出しました。

タイトルとURLをコピーしました